厚木市の屋根修理・雨漏り修理は山田工芸へ
屋根の基礎知識

雨漏りの原因は?

屋根修理に火災保険は適用されるの?

雨漏りが起こると、いきなり雨漏りが起こったかのように思われがちです。
実際、山田工芸に雨漏り修理のご依頼をいただく際にも「急に雨漏りし始めたんです…」とおっしゃる方が多いです。

天井や壁から突然雨漏りが起こると、そう思われるのも当然かと思いますが、実際には突然雨漏りが起こった訳ではありません。
時間をかけて、ジワリジワリとかなりの水が建物内部へ入り込んでしまっているのです。
溜まってしまった水が行き場を無くし、溢れ出してしまった状態が雨漏りなのです。

天井や壁から雨漏りが起こると、その箇所に原因があるように考えがちですが、実はそうではありません。
では、雨漏りの原因はどこにあるのでしょう?

ほとんどの場合において、屋根か外壁のどちらか、またはその両方に何かのトラブルが起きていると考えて間違いありません。

まず、屋根にトラブルの原因がある場合、次のようなトラブルが考えられます。

・表面の屋根材の経年劣化・破損
・屋根下地の上に敷いてある防水シート(ルーフィング)の劣化・破損
・屋根材の隙間を埋めているシーリングの劣化
・屋根材を保護するための塗装の経年劣化

他にも、台風や強風などの自然災害によって屋根材がズレてしまい、その隙間から水が内部へ侵入したという可能性もあります。
原因が屋根材のズレだけの場合、該当箇所を修理すれば雨漏りは防ぐ事ができます。

先程、「ほとんどの場合において、屋根か外壁のどちらか」とお伝えしました。
「ほとんど」以外に起こり得る可能性として、建物が以下のような構造になっている場合は、屋根や外壁は関係無く直接その箇所から雨漏りが起こる場合があります。

・建物の2階にお風呂・洗面台などの水場がある
・天井の真上(下階天井と上階床の間)に水に関する配管が通っている
・建物の内部を雨水を流す雨樋が通っている

次に、外壁にトラブルの原因がある場合ですが、外壁の場合はほとんどが塗装の劣化が原因となります。
外壁塗装が劣化してしまうと、外壁を保護する塗膜が無くなるので壁材自体の劣化が進行してしまいます。
劣化が進行してしまうと、壁にクラック(ヒビ割れ)が発生してしまい、そのヒビの隙間から雨漏りへと繋がってしまうのです。

屋根の塗装も同じですが、塗装の耐用年数は10〜15年程度です。
耐用年数を迎えたら再塗装を検討するようにしましょう。

このように、雨漏りが起こる原因は無限にある訳ではなく、ある程度絞られるものです。
ただし、雨漏りは一箇所だけでなく複数の要因が重なって起こる場合もよくあります。

例えば、瓦が割れているのを発見したから、外壁にクラックがあるのを発見したからといって「そこさえ直せば雨漏りが止まる」と決めてかかってはいけません。
破損箇所の周辺、屋根材の下の防水シートの状態など、複合的な調査が必要です。

山田工芸は、現場調査・お見積もりは無料となっております。
屋根修理・雨漏り修理の実績件数4,000件以上の経験と知識を活かして、的確な診断を行わせていただきます。

屋根の基礎知識