厚木市の屋根修理・雨漏り修理は山田工芸へ
屋根の基礎知識

屋根の葺き直しとは?

屋根の葺き替えとは?

「葺き直し」とは、屋根材まで全て新調する「葺き替え」に対し、既存の屋根材を再利用する工法です。
具体的には、既存の屋根材を一旦取り外し、下地や防水シート、下地板金などを新調し、取り外した屋根材を元通りに復旧するといった工程になります。

ただし、多くの場合は屋根材が和瓦に限定されます。
「葺き直し」が和瓦に限定される理由として、屋根材の耐久性が挙げられます。

瓦は破損さえなければ、半永久的に使用が可能な屋根材です。
当然、経年劣化などでヒビ割れが起こったり欠けたりはするのですが、その瓦のみ交換すれば他の瓦はそのまま使用する事ができるのです。
瓦以外でも「葺き直し」を行う場合がありますが、その場合でも屋根材は洋瓦やセメント瓦と限定的であり、屋根材の耐久性は和瓦と比べると劣ります。

このように瓦は非常に耐久性が高く、50〜60年は普通に使える屋根材ですが、その下に敷いてある防水シート(ルーフィング)はそうはいきません。
防水シートの耐用年数は20年程度で、瓦よりはるかに先に耐用年数を迎えてしまいます。
ですので、屋根材が瓦の建物で雨漏りが起こった場合は、瓦には問題が無いが防水シートの方が先にダメになりそこから雨漏りが起こった、というケースが多いです。

そこで、屋根材である瓦はそのままに、先に寿命を迎える下地や防水シートのみを交換するのが「葺き直し」となります。

「葺き直し」を行う際、ほとんどの場合において取り外した瓦を屋根から下ろさず、屋根の端に積み上げて施工を進めていきます。
これは、瓦を屋根から下ろす手間を省くためですが、その分工期も「葺き替え」より早くなります。
また、既存の屋根を再利用するため、新しい屋根材が必要ないので、「葺き替え」より工事費用も安く収まります。

葺き直しのメリット

・外観を変える事なくそのまま維持できる

葺き直しは既存の屋根材をそのまま再利用します。
そのため、工事前と工事後で建物の外観が変わる事がありません。

・工事費用を抑える事ができる

屋根材を再利用するため新調する必要が無い上、古い屋根材の撤去費用が発生しません。
そのため、葺き直しとよく検討対象にされる「葺き替え」と比べても、費用を大きく抑える事ができる場合があります。

葺き直しのデメリット

・屋根材が瓦に限定される

葺き直しは、屋根材が瓦に限定される場合がほとんどです。
瓦以外の屋根材の耐用年数は〜20年程度ですので、葺き直しを行うメリットはありません。
葺き直しは、耐用年数が非常に長い瓦だからこそ使える工法です。

・既存の屋根材が劣化している場合は、工事の効果が薄い

せっかく葺き直しを行なって下地や防水シートを新調しても、既存の屋根材自体が劣化してしまっている場合は、結局そこから雨漏りが発生する恐れがあります。
基本的には瓦の耐用年数は50〜60年と非常に長いのですが、建物を取り巻く環境や自然環境によっても変わります。
既存の瓦がまだまだ長く使用可能かどうか、専門的な知識を持った業者に見極めてもらう必要があります。

屋根の基礎知識